ニュース
» 2012年04月17日 19時05分 UPDATE

SI業界でもアジャイル開発を NTTデータ、3年で1000人育成

NTTデータがグループの若手リーダーを対象にアジャイル開発研修を行う。3年間で約1000人のアジャイル開発人材を育成する計画だ。

[ITmedia]

 NTTデータとNTTデータユニバーシティは5月から、グループの若手リーダー層を対象にアジャイル開発研修を行う。短期間でのシステム開発が求められているのに対応し、今後3年間で約1000人のアジャイル開発人材を育成する計画だ。

 主にグループの入社3〜5年目の若手リーダーが対象。アジャイル開発で代表的な「Scrum」開発手法の基本的な考え方や進め方を学び、自組織に取り入れていくことができるようにするのが目標という。

 初年度に300人を対象に実施し、3年間で1000人に研修を実施する計画。「XP」開発手法などについての研修メニューなども拡充していく。

 国内ではWebサービスやゲーム開発でアジャイル開発が盛んに取り入れられているが、SI業界では普及が進んでいないのが現状。ビジネス環境の変化スピードが加速し、より短期間でのシステム開発が求められいるのを受け、アジャイル開発に対応できる人材育成を図っていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -