ニュース
» 2012年04月23日 09時47分 UPDATE

Apple、公式サイトに企業向けページ「ビジネスにもiPadを」を新設

BYOD(私物端末の業務利用)が広まる中、Appleが企業向けにiOS製品の導入を勧める公式ページを開設した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは4月20日(現地時間)、iPadおよびiPhoneのビジネス利用を提唱する一連の企業向けページを公式サイトに追加した。

 ipad for business 企業向けページではMDMなどの業務向け機能が紹介されている

 同日新設されたのは、「ビジネスにもiPadを」と「ビジネスにもiPhoneを」の2つのコーナー。ビジネスアプリの紹介や仮想プライベートネットワークの構築方法、セキュリティ機能など、企業でiOS端末を採用するために参考になる情報がまとめられており、導入事例も紹介されている。

 iphone for business 導入事例

 近年、私物のモバイル端末を仕事にも利用するいわゆるBYOD(Bring Your Own Devie)が広まっており、iOS端末はそうした動きをけん引してきた。米調査会社Forrester Researchによると、2011年にはITワーカーの5人に1人が仕事で何らかのApple製品を使っているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -