ニュース
» 2012年04月26日 16時47分 UPDATE

Google、Google Mapsにユーザー投稿写真を合成して構築した「photo tours」を追加

Google Maps上の1万5000以上のランドマークで、視点を変えて眺めることのできる3D写真ツアーを楽しめる(WebGL対応が必要)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月25日(現地時間)、Google Mapsで3Dの風景を楽しめる「photo tours」を発表した。同サービスを利用するには、3D表示技術の「WebGL」を有効にしておく必要がある。

 photo toursの一覧から見たいツアーをクリックするか、情報ウィンドウに「Photo tour」のリンクがある場合はそのリンクをクリックすることなどで、そのマーカーのある場所の風景を視点を変えながら表示できるphoto tourを開ける。現在、1万5000カ所以上の世界の観光地のツアーがあるという。

 map1 情報ウィンドウのサムネイル写真の下に「Photo tour」と表示されている
 map2 photo tour

 このツアーに使われている写真は、ストリートビューのようにGoogleが撮影したものではなく、ユーザーがGoogleの写真共有サービス「Picasa」あるいは「Panoramio」に投稿したものだ。Googleはこれらの写真の中から公開設定で、チェックイン情報が付属する写真を抽出し、世界の名所についてオーバーラップしているものを選び、組み合わせて3Dに構築したという。今後投稿される写真が増えれば、ツアーの精度を上げたり、新たな場所のツアーを増やしていくとしている。同社は、ツアーで使っている写真の所有権は投稿したユーザーに帰属するとことわっている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -