ニュース
» 2012年05月03日 08時12分 UPDATE

Microsoft、Windows 8で「Windows Live」ブランドを消去へ

Microsoftが、“分かりにくい”と不評な「Windows Live」ブランドを、Windows 8の公開に合わせて消滅させる計画を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月2日(現地時間)、同社のWebとアプリの総合オンラインサービスのブランド名「Windows Live」を、Windows 8のリリースとともに消滅させる計画を発表した。

 同社はWindows Liveという名称を、WebメールのHotmail、クラウドストレージのSkyDrive、インスタントメッセージングサービスのMessengerなどのWebサービスと、デスクトップ向けアプリスイート「Windows Live Essentials」、ユーザーアカウント「Windows Live ID」などで使用しているが、ユーザーから複雑で分かりにくいというフィードバックを受けているという。

 「Windows 8は、サービスとソフトウェアについてのわれわれのアプローチを再考する機会を与えてくれた」という。Windows 8ではWindows Liveを、Metroスタイルアプリからも、Webブラウザからも、Windows PhoneからもアクセスできるシームレスなWindows体験の一部とし、“別のブランド名”の別のサービスではなく、PCを起動したときからWindows体験に含まれるものにするという。

 例えば、スタート画面ではHotmailやアドレス帳の「Windows Contacts」はタイルの1つとして設置でき、別ブランドのサービスだと意識されないようになる。

 tiles Windows 8のスタート画面の例

 なお、Windows 8では、Windows Live ID(「Microsoftアカウント」になる見込み)でログインすると、Windows 8の設定の多くがMicrosoftのクラウドに保存され、ユーザーはWindows 8を搭載するPCやタブレットで常に同じ環境を利用できるようになる。

 MicrosoftはWindows Liveの名称変更について、以下のような一覧表を公開した。「Live」はほとんど消滅し、アドレス帳「Windows Contacts」の名称がWindows Phoneの連絡帳と同じ「People」アプリになり、「MSN Messenger」は「Messaging」アプリになる。

 live サービス名変更一覧(右端が現在の名称)

 なお、この変更がどのようなタイミングで実施され、Windows 7以前のユーザーについてはどうなるのかなどの詳細は説明されていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -