ニュース
» 2012年05月09日 21時08分 UPDATE

今度は「青いユリ」の開発に成功 サントリー、新潟県と共同で

「青いバラ」を開発したサントリーが今度は「青いユリ」を誕生させた。

[ITmedia]

 サントリーホールディングスは5月9日、新潟県と共同で「青いユリ」の開発に成功したと発表した。

photo

 ユリには青色の色素「デルフィニジン」を作るために必要な青色遺伝子が存在しないため、青みを帯びた花色は存在しなかった。サントリービジネスエキスパート・植物科学研究所と同県は2006年4月から青いユリの実現へ共同開発に着手。ピンク色のユリに、キキョウの一種であるカンパニュラの青色遺伝子を導入することで、花弁にデルフィニジンを含む「青いユリ」の開発に成功した。

 同社は2004年、同様の手法を使って世界で初めて「青いバラ」の開発に成功し、09年から日本で「blue rose APPLAUSE」の名で販売。「青いカーネーション」も開発し、「ムーンダスト」として販売されている。今後、より青さを増した青い百合の開発を進め、商品化を検討していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -