ニュース
» 2012年05月10日 16時40分 UPDATE

庵野監督が“館長”「特撮博物館」が7月開幕 ジブリ特撮短編「巨神兵」も

特撮をテーマにした展覧会「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が開かれる。

[ITmedia]

 東京都現代美術館と日本テレビは、特撮をテーマにした展覧会を7月10日から、同美術館で開催する。“館長”を務めるのは、エヴァンゲリオンシリーズで知られる庵野秀明監督だ。

 展覧会は「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」。ウルトラマンシリーズでは精巧なミニチュアの町を舞台にウルトラマンと怪獣が戦ったが、デジタル全盛の今、ミニチュアや小道具が散逸し、失われつつあるという。「エヴァの原点は、ウルトラマンと巨神兵」という庵野監督が、こうした状況をなんとかしたいと“館長”になって博物館を立ち上げたというコンセプトで開催する。

 会場では映画やテレビで活躍したミニチュアやデザイン画など500点を展示し、特撮の魅力に迫るという。また「企画:庵野秀明 巨神兵:宮崎駿 監督:樋口真嗣」によるジブリ新作特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」を公開する。

 10月8日まで。当日券は大人1400円、中高生900円、小学生400円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -