ニュース
» 2012年05月15日 09時22分 UPDATE

Apple、WWDCでRetinaディスプレイの新MacBook Proを発表か

WWDCでは、15インチの新MacBook Pro、iOS 6、iCloudのアップデートが発表されると、複数の米メディアが伝えている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleの開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC) 2012」を1カ月後にひかえ、さまざまなうわさがとびかっている。米9to5Macは5月14日(現地時間)、15インチの新「MacBook Pro」が発表されると伝え、翌15日には米Bloombergも同様の記事を掲載した。いずれも“信頼できる筋”の情報とし、9to5Macは新MacBook Proのモックアップと称する筐体の写真も掲載している。

 これらの記事によると、新MacBook Proはディスプレイは15インチでiOS端末と同様のRetinaディスプレイを採用し、厚さが現行(2.41センチ)より薄くなるという。CPUは米IntelのIvy Bridge(コードネーム)で、グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GT 650M。

 MacBook AirとMac miniに続き、同シリーズからもDVDドライブが消える。USBポートは3つでUSB 3.0をサポートし、SDカードスロットを備えるという。

 WWDCの“発表予測”としてはこのほかに、「iOS 6」やiCloudのアップデートなどがある。

 iCloudのアップデートは米Wall Street Journalが14日に“この件に詳しい筋”の情報として伝えたもの。記事によると、このアップデートでiCloudのユーザー同士での写真共有ができるようになるという。iCloudにはPhoto Streamという端末間で写真を同期する機能はあるが、共有機能はない(写真共有には別のサービス「iPhoto」が利用できる)。

 いずれのうわさについても、Appleはコメントを拒否している。

 WWDCは6月11日から6月15日にサンフランシスコのモスコーンセンターウェストで開催される。チケットは既に完売しているが、すべてのセッションが動画で配信される予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -