ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年05月15日 10時23分 UPDATE

Buffalo Technology、第5世代Wi-Fi「IEEE 802.11ac」ルータを発売

Buffaloが、ギガビットクラスの無線LANルータを米国で発売した。市場価格は179.99ドル。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 メルコホールディングス傘下の米Buffalo Technologyは5月14日(現地時間)、第5世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ac」をサポートするルータ「AirStation WZR-D1800H」およびイーサネットコンバータ「AirStation WLI-H4-D1300」を米国で発売した。推定市場価格は両製品ともに179.99ドル。

 fry 既にオンラインショップで販売中

 これらの製品は、米Broadcomが「2012 Internetional CES」で発表した新通信チップを搭載する。

 11ac規格は、5GHz帯の周波数を利用する無線LAN規格で従来の11n規格に比べ最大約3倍の転送速度1300Mbpsの通信速度を持ち、無線でもギガビットネットワークの構築を実現できる。複数の高精細動画の同時ストリーミング再生が可能になる他、電波干渉による速度低下が懸念されている2.4GHz帯の11gに代わる通信規格として期待されているという。

 WZR-D1800Hは2.4GHz帯11nの無線LAN規格も搭載し、合計900Mbpsのスループットを有する。また、ギガビット有線LANポートも4ポート備える。WLI-H4-D1300は4つのギガビットポートを備え、4台までのネットワーク対応機器の同時接続が可能だ。こちらも2.4GHz帯にも対応する。

 11ac

 日本市場においても、総務省による802.11acの認可が出次第、2013年ごろに対応製品が登場するとみられる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.