ニュース
» 2012年05月16日 12時16分 UPDATE

Google、世界のスマートフォン利用状況に関するデータ「Our Mobile Planet」を公開

Googleが、世界40カ国以上で調査したスマートフォンの普及・利用状況に関するデータを「Our Mobile Planet」として公開した。各国のOS別シェアやモバイル広告の認知度などをグラフで表示できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月15日(現地時間)、世界のモバイルユーザーおよびモバイルマーケティングに関する調査結果「Our Mobile Planet」を発表した。

 Our Mobile Planetでは国別の詳細な調査結果(PDF)をダウンロードできる(日本のデータはこちら)ほか、ページのグラフ作成ツールで知りたい項目についてのデータを参照することができる。

 omp 1

 同調査は、Googleが米調査会社Ipsosおよびモバイルマーケティングを推進する非営利団体MMA(Mobile Marketing Association)と共同で実施したもので、40か国以上を対象としたスマートフォンの普及状況、利用状況に関する独自の分析が行われている。Googleは昨年からこうした調査を実施しているが、このような形でデータを提供するのは初めてだ。

 ページ左下の「グラフを作成」をクリックすると、スマートフォンの利用状況やモバイル広告などについてのデータをグラフの形で参照できる。

 omp 2

 例えば、OS別でAndroidが最も大きなシェアを占めている国は日本(55%)で、ニュージーランドや米国、中国でもAndroidが首位であることや、利用しているアプリ数(平均)が最も多い(41本)のが日本であることなどが分かる。

 omp 3 OS別シェアのグラフ
 omp 4 アプリ利用数のグラフ

 Googleは、スマートフォンが普及し、重要性が高まる中、ビジネスにとってこうしたデータを研究することは非常に重要だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -