ニュース
» 2012年05月21日 12時16分 UPDATE

Apple、データセンターを100%再生可能エネルギー稼働に

AppleがiCloudやSiriのサービス提供のために構築したデータセンターは、将来的にすべて完全に再生可能エネルギーで稼働するようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月17日(現地時間)、同社の環境への取り組みを紹介する公式サイト「Appleと環境」に、データセンターにおける再生可能エネルギー利用に関するページ(英語版)を追加した。2012年中に、ノースカロライナ州メイデンのデータセンターを完全に再生可能エネルギーだけで稼働できるようにするという。

 apple 1 Data Centers and Renewable Energyのページ

 このデータセンターで使用する電力は、60%が同社が近隣に建設中の太陽光発電システムと燃料電池から、40%が地域の再生エネルギー提供企業からのものになる。Appleの発電施設は、エンドユーザーが保有するものとしては米国最大の規模という。

 apple 2 データセンターの近くに建設中の太陽電池システムは広大だ(緑の部分)

 AppleがiCloudやSiriのサービス提供のために5億ドル以上を掛けて建設した同データセンターの広さは約4万6000平方メートル。屋根に日光反射率を最大限に高めるために白いクールルーフ設計を採用したり、照明はモーションセンサー付きのLEDにするなど、エネルギー効率を高めるためのさまざまな工夫がされており、米グリーンビルディング協会(USGBC)による建築評価プログラム「LEED」のプラチナ認定を与えられた。

 apple 3 クールルーフ設計を採用したデータセンター

 Appleは、カリフォルニア州ニューアークのデータセンターでも2013年2月までにクリーンエネルギーへの100%移行をめざすという。また、オレゴン州プラインビルに構築中のデータセンターも100%再生可能エネルギーで稼働する予定としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -