ニュース
» 2012年05月24日 11時20分 UPDATE

米Yahoo!、“検索ブラウザ”の「Axis」をPCとiOS向けに公開

「Yahoo! Axis」には主要ブラウザのプラグインとiOSアプリがあり、すべての端末でのブックマークや検索履歴が同期される。利用する検索エンジンはもちろんYahoo!検索だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Yahoo!は5月23日(現地時間)、“検索ブラウザ”と称するツール「Yahoo! Axis」を公開した。デスクトップ版は主要Webブラウザのプラグインで、モバイル版はiOS(iPadおよびiPhone)向けアプリとしてそれぞれ無料でダウンロードできる(iOS版は日本のApp Storeには本稿執筆時点ではまだない)。

 プラグインは、米GoogleのChrome、MozillaのFirefox(バージョン7以降)、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)のバージョン9以降、米AppleのSafariのバージョン5以降に対応する。

 プラグインをインストールすると、Webブラウザの左下に検索枠とブックマークアイコン、ホームアイコンが表示される。

 axis plug in Chromeに常駐するAxis

 検索枠をクリックするとインクリメンタルな検索語候補のテキストでのリストと、候補ページのサムネイルが表示される。サムネイルは左右にドラッグすることでスクロールできる。検索語候補の下の「SEARCHWEB」をクリックすると検索を画像に絞り込むためのアイコンが表示される。ホーム画面(ホームアイコンをクリックして表示する)にはブックマークのほか、「後で読む」のリストがサムネイルで表示される。

 axis search Webページを開いたまま検索候補を閲覧できる

 Yahoo!、Facebook、Googleのいずれかのアカウントでログインして利用すると、検索履歴やブックマークなどのそアカウントのユーザーデータがYahoo!のクラウドに保存され、検索結果のパーソナライズに利用される。また、Axisをインストールしているすべての端末(iOS端末を含む)の検索履歴やブックマークがそのアカウントで同期される。

 iOSアプリは単体のWebブラウザで、デスクトップ版と同じアカウントでログインすれば、同じホームを表示できる。例えばデスクトップ版で「後で読む」に登録したWebページを、外出中にiPhoneで閲覧するといった使い方ができる。

 axis app iPhone版のAxis。右端がホーム画面を表示したところ

 検索にはYahoo!のエンジンが使われており、他のエンジンに切り替えることはできないようだ。Axisの利用が増えれば、検索市場でのシェアが増加することになる。

 アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterによると、4月の世界での検索市場ランキングのトップはGoogle(シェアは91.7%)で、2位がMicrosoftのBing(3.5%)、Yahoo!は3位(3.36%)だった。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -