ニュース
» 2012年05月28日 20時31分 UPDATE

「野菜工場」を家庭に ネットワーク活用、パナソニックなど実証実験

一般家庭にコンパクトな「植物工場」を設置し、ネットワークを活用して栽培を進める取り組みの実証実験を千葉大やパナソニックなどが実施する。

[ITmedia]
photo 家庭用植物工場のイメージ

 千葉大学やパナソニックなどは5月28日、一般家庭にコンパクトな「植物工場」を設置し、ネットワークを活用して栽培を進める取り組みの実証実験を千葉県・柏の葉キャンパス地域(柏市)で実施すると発表した。気候・天候に左右されない植物工場の普及により「地域の食の自律」を進める「みらい畑ネットワーク」の構築を目指す。

 約60(幅)×38(奥行き)×85(高さ)センチ(予定)で、LED光源を内蔵した家庭用植物工場をパナソニックが開発。レタスや水菜、ルッコラ、クレソンなど葉もの野菜30種類を5〜7株栽培できるという。


photo ネットワークのイメージ

 9月から同地域の10世帯程度に設置し、実際の一般家庭内での野菜栽培を検証するほか、各家庭をネットワークでつなぐことで、栽培状況について質問したり、消費しきれない野菜を各家庭同士で交換し合うなど、無駄を地域全体で解消する取り組みも行う。

 同地域は、内閣府が指定した「環境未来都市」「総合特区」の両制度を活用し、「スマートシティ」としての街作りを進めている。千葉大は1990年ごろから植物工場の研究に取り組んでおり、「街中植物工場コンソーシアム」を組んで普及を目指した活動を展開していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -