ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年06月19日 12時40分 UPDATE

Oracle決算、ハードウェアは不調ながら予測を上回る増収増益

Oracleの3〜5月決算は、ハードウェアが不調だったがソフトウェアの新規ライセンスが堅調で売上高が1%増、純利益は8%増だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Oracleが6月18日(現地時間)に発表した2011年第4四半期(3〜5月)決算は、売上高が前年同期比1%増の109億1600万ドルで、純利益は8%増の34億5100万ドル(1株当たり利益はGAAPベースで69セント、非GAAPベースでは82セント)だった。ソフトウェアの新規ライセンスが好調だった。売上高は、Thomson Reutersがまとめたアナリスト予測の108億9000万ドルを上回った。

 営業利益は前年同期比5%増の45億9600万ドルで、営業利益率は前年同期より2ポイント増の42%だった。

 売上高を分野別にみると、新規ライセンス収入が7%増の39億8500万ドルと好調で、ライセンス更新およびサポート収入は5%増の41億5200万ドルだった。

 一方、ハードウェア収入は不調で、14%減の15億7700万ドルだった。売上高全体に占める割合が前年同期より3ポイント落ち、14%になった。サービス収入は4%減の12億200万ドルとなった。

 ラリー・エリソンCEOは発表文で「Oracle Cloudの開発はOracleのソフトウェア事業拡大と収益性向上を目的とした戦略だ。Oracle Cloud SaaS事業の年間推定収益は、ハードとソフトを統合したOracle Engineered Systems事業とほぼ同じ10億ドルだ。Engineered SystemsとOracle Cloudの組み合わせがOracleの2013年の成長を促進するだろう」と語った。

 同社はまた、100億ドル規模の追加株式買い戻し計画も発表した。

 サフラ・カッツ社長は電話会見で、2012年第1四半期(6〜8月)の見通しとして、非GAAPベースの1株当たり純利益を51〜55セントと予測した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.