ニュース
» 2012年06月25日 09時58分 UPDATE

Apple、Barron'sの「最も尊敬される企業」番付で3年連続の首位

Barron'sが毎年発表する「The 100 Most Respected Companies」で、Appleが3年連続の1位になり、前回4位だったIBMが2位にランクアップした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dow Jonesの金融情報誌Barron'sが毎年発表する「The 100 Most Respected Companies(最も尊敬される企業100社)」ランキングで、米Appleが1位を獲得した。2010年から3年連続の首位となった。

 今年で8回目になるこのランキングは、Barron'sがDow Jones Indexesに基づいて選んだ100社について、116人の投資家にアンケートを行った結果を集計したもの。回答者は各社を、「最も尊敬できる」「尊敬できる」「やや尊敬できる」「尊敬できない」の4段階で評価する。Appleは回答者の71%が「最も尊敬できる」と評価し、「尊敬できない」としたのは3%だった。

 IT関連企業としてはAppleの他、米IBMが2位に、米Amazon.comが4位に、米Intelが10位にランクインした。米Googleは16位、米Microsoftは19位だった。100位までには他にも数社IT系企業が入っている。2011年に59位だった米Hewlett-Packard(HP)はランク外に落ちた。

 日本企業で100位までに入ったのは、25位の本田技研工業、26位のトヨタ自動車、80位の三菱UFJフィナンシャル・グループ、82位のNTTドコモの4社のみだった。

 全ランキングのPDFはこちらで参照できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -