ニュース
» 2012年06月29日 07時18分 UPDATE

Google、iOSアプリの「Chrome」と「Google Drive」をリリース

GoogleのWebブラウザ「Chrome」とクラウドストレージ「Google Drive」のiOSアプリが登場。WindowsやMac、Androidとブックマークやパスワードを同期でき、クラウド上のファイルを共有できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月28日(現地時間)、開催中の年次開発者会議「Google I/O 2012」において、米AppleのiPhoneおよびiPad向けWebブラウザ「Chrome」とクラウドストレージ「Google Drive」を発表した。両アプリとも既にApp Storeで公開済みだ。

 デスクトップPCとしてはWindowsマシンを使い、スマートフォンやタブレットはiOS端末、というユーザーにとっては待望のアプリだ。

Chrome for iPhone and iPad

 Googleは昨日、AndrodiアプリのChrome正式版を発表している。これで、Windows、Mac、Linux、Android、iOSで同じWebブラウザを使い、同期によって共通のブラウザ機能を利用できるようになる。

 同期できるのは、Chromeにログインして開いたタブやブックマーク、パスワード、アドレスバーのデータ。

 また、PCやMacのChromeで開いたページをワンクリックでiOS端末に送信し、続きを端末で閲覧できる。

 chrome 1 Chromeを開いたすべての端末でデータや履歴を同期できる

 モバイル版の特徴として、複数ページを表示した場合の切り替え方法が複数用意されている。iPhoneとiPod touchでは切り替えボタンで、iPadの場合はスワイプでページを切り替えることができる。

 他のChromeと同様、履歴を残さずに閲覧できるシークレットモードも備える。

 chrome 2 タブは幾つでも開ける

Google Drive

 Google Driveは4月に発表されたクラウドストレージサービス。5Gバイトまで無料で、他の端末(Windows PC、Mac、Android)とファイルを共有できる。また、対応するアプリが端末にインストールされていれば、Google Drive内のファイルを編集することも可能だ。

 これまでもiOS端末のSafari経由でGoogle Driveにアクセスすることはできたが、ネイティブアプリが登場したことでAndroidとほぼ同等の機能を利用できるようになった。

 drive Google DriveのiPhoneアプリ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -