ニュース
» 2012年07月03日 13時50分 UPDATE

「LINE」がプラットフォームに進化 タイムライン搭載、ソーシャルゲームや仮想通貨も

「無料メッセンジャーソフト」だったLINEがプラットフォームに進化。タイムラインの搭載でSNSに踏み出し、ソーシャルゲーム配信や仮想通貨によるコンテンツ購入も行える「LINE Channel」がスタート。

[ITmedia]

 NHN Japanは7月3日、メッセンジャーソフト「LINE」のプラットフォーム化を進める方針を発表した。コンテンツ企業などが参加できる「LINE Channel」を追加するほか、タイムライン機能を搭載してSNSに踏み出す。KDDIとの提携も発表した。

photo LINE Channelのエコシステム

 LINE Channelでは、ソーシャルゲームを配信する「LINE Game」や、講談社が参加する「LINE トークノベル」、リクルートと組む「LINE COUPON」、レコチョクと組む音楽配信「LINE SOUNDS」、仮想通貨「LINE COIN」──などを開始する。APIも公開する予定。「スマートフォンのサービスゲートとして、ある種のポータルサイトのように展開していく」という。

photo ゲーム
photo クーポン
photo 占い

 またユーザーのマイページとなる「ホーム」とタイムライン機能を追加。ユーザーの投稿に対して別のユーザーがスタンプで評価するなどの機能を備える。

photo タイムラインでは、スタンプで気持ちを表すことができる

 パートナーを広く募るため、パートナー企業向けサイトを開設した。海外展開も強化し、現在4500万人のユーザーを2012年中に1億人に拡大する目標を掲げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -