ニュース
» 2012年07月09日 15時55分 UPDATE

“ただ働き強要”シーン放映でブログ炎上のスーパーが謝罪

元サーカス団員を追ったドキュメンタリー番組で、団員が飛び込み営業をしたスーパーの店員が給料を払わずに“ただ働き”をさせたととれるシーンが放映され、同店のブログが炎上。

[ITmedia]
photo 謝罪するロコマーケットのブログ

 元サーカス団員を追ったドキュメンタリー番組で、団員が飛び込み営業をしたスーパーマーケットの店員が元団員に対し給料を払わずに“ただ働き”をさせたととれるシーンが放映され、このスーパーのブログが炎上する騒ぎがあった。スーパーの運営元は7月9日、「テレビ放映において不適切な発言内容行為があった」と認めてブログで謝罪した

 謝罪したのは「那須ガーデンアウトレット」(栃木県那須塩原市)にある「ロコマーケット」の運営会社。

 問題になったのは、8日に放映された「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)で、倒産したサーカス団でピエロを演じていた女性が同店にピエロの仕事を求めて飛び込み営業するシーン。店員は「世の中そんなに甘くないから」「まずは意気込みとか気持ちが大切でしょうから」と、元団員に試食コーナーで販売員をさせるものの、結局ピエロの仕事は断り、試食コーナーでの仕事にも給料を払っていないように受け取れる内容だった。

 これに対し、「ただ働きの強要ではないか」「足下を見た発言が不愉快」といった批判コメントが同店のブログに2000件以上投稿される“炎上”状態になった。

 運営会社は9日、ブログを更新し、「テレビ放映において不適切な発言内容行為があり、この件で、関係者の皆様及びお客様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。社員から経緯を聞くほか、「社を挙げて再発防止に努める」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -