ニュース
» 2012年07月11日 08時33分 UPDATE

Google、Safariユーザーの無断追跡問題で2250万ドルの制裁金――Wall Street Journal報道

Googleが広告cookieを利用してAppleのWebブラウザSafariのWeb履歴を追跡していたとされる問題で、Googleが米連邦取引委員会(FTC)と和解し、2250万ドルの制裁金を支払うとWall Street Journalが報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが、Safariユーザーを無断で追跡していた問題で米連邦取引委員会(FTC)と和解し、2250万ドルの制裁金を支払うと、米Wall Street Journalが7月10日(現地時間)に報じた。FTCが1つの企業に対して科した罰金額としては過去最高という。

 この問題は、Googleほか数社の広告企業が、米AppleのWebブラウザSafariのプライバシー設定を迂回してユーザーのWeb履歴を追跡していたことを、米スタンフォード大学の研究者が2月に報告したことが発端となったもの。Googleは広告cookieを利用していたことは認めたが、個人情報は集めていないと強調した。この件について、米消費者団体Consumer WatchdogがFTCに対し、直ちに措置をとるよう申し立てた。

 Googleは10日、メディア向けの声明文で「FTCは、Appleがcookie管理ポリシーを変更する1年前に当たる2009年にGoogleが公開したヘルプセンターページを問題にしている。われわれはこのページを既に変更し、広告cookieを削除した」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -