ニュース
» 2012年07月20日 10時18分 UPDATE

米Yahoo!のマリッサ・メイヤー新CEOの年俸は約600万ドル オファーレターで明らかに

Yahoo!がSECに提出したメイヤー氏へのオファーレターによると、基本給は100万ドルでボーナスは最高で400万ドル(年額)、それ以外に株式も提供される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Yahoo!の新社長兼CEO、マリッサ・メイヤー氏の基本給は年間100万ドル、ボーナスは最高で400万ドルで、ストックオプションなどとして5年間で5600万ドル相当の株式が与えられる。同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した7月16日付のオファーレターから明らかになった。

 ボーナスは、経済目標を達成すれば年に200万ドル、目標を超えれば400万ドル。今年は2600万ドル相当の株式が、向こう5年間で3000万ドルの株式が与えられる。

 2009年に同社CEOに就任したキャロル・バーツ氏に同社が提示した条件は基本給が年間100万ドル、ボーナスが1900万ドル、ストックオプションが500万株だった。

 メイヤー氏は13年務めた米Googleを離れ、17日付でYahoo!の社長兼CEOに就任した。

 同氏のCEO就任当日に発表されたYahoo!の第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高は前年同期比0.9%減の12億1800万ドル、純利益は4.4%減の2億2600万ドル(1株当たり18セント)だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -