ニュース
» 2012年07月20日 14時04分 UPDATE

Nokia決算、赤字だがLumia販売台数は前期の倍の400万台に

Nokiaの4〜6月期決算は、前期に続いての赤字だったが、フィーチャーフォンの出荷台数は前年同期比で増加し、Windows Phone搭載の「Lumia」シリーズの販売台数も発売以来着実に伸びている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 フィンランドのNokiaが7月19日(現地時間)に発表した第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高が前年同期比19%減の75億4200万ユーロ(約92億5300万ドル)で、営業損失は8億2600万ユーロ(約10億1300万ドル)だった。前年同期の営業損失は4億8700万ユーロ(約5億9800万ドル)、前期の営業損失は13億4000万ユーロ(約17億6000万ドル)だった。1株当たり純損失は0.38ユーロ(約46セント)。

 米MicrosoftのWindows Phone搭載スマートフォン「Lumia」シリーズの出荷台数が、前期の倍の400万台となった。

 全携帯端末の出荷台数は5%減の8370万台。ASP(平均販売価格)は23%減、粗利益率は6.6ポイント減だった。携帯電話(いわゆるフィーチャーフォン)は2%増の7350台で、スマート端末は39%減の1020万台だった。

 スティーブン・エロップCEOは「Nokiaはこの転換期を乗り越えるための対策を講じている」とし、この秋に予定されているWindows Phone 8のリリースについて「Windows Phone 8はLumiaシリーズにとって重要な促進剤になる」と語った。

 同社は6月に、2013年末までに世界で約1万人の従業員を削減する計画を発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -