ニュース
» 2012年07月23日 07時45分 UPDATE

Microsoft、「Office Web Apps」のカスタマープレビューを開始

「Office 2013」に続き、SkyDriveで利用できるオンラインオフィススイート「Office Web Apps」の次期版のカスタマープレビューがスタートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月20日(現地時間)、オンラインオフィススイート「Office Web Apps」の次期版カスタマープレビューを開始したと発表した。特設リンクにWindows Live IDでログインすることで、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteのプレビュー版を試せる。

 Office Web Appsは、現行の「Office 2010」から利用できるようになったオンライン版のOffice。Webブラウザ(Internet Explorer、Chrome、Firefox、Safari)経由でクラウドサービス「Windows Live SkyDrive」上にドキュメントを作成、編集、保存、共有できる。

 Microsoftは次期Office Web Appsの開発に当たり、編集機能、タッチ機能、共同編集機能の強化にフォーカスし、パフォーマンスの向上を目指したという。

 編集機能は、デスクトップ版にしかなかった機能が幾つか追加された。例えば右クリックで表示できるメニューが増え、Excelでプリントアウトが可能になった。

 office 1 Word日本語版の画面。ツールバーに「ページレイアウト」タブが加わった

 タッチ機能の強化では、指での操作でコピー&ペーストができるようになり、ピンチやスワイプに対応した。

 office 2 テキスト選択画面。左がタッチ操作、右がマウスでの操作

 共同編集機能は、4つのアプリすべてで利用できるようになり、Excelを除くアプリでは、デスクトップ版を含めたリアルタイムでの共同編集が可能になる。

 また、サイズの大きなファイルでの作業レスポンスが従来より速くなり、Excelでの入力やデータ分析、PowerPointの描画ツールの反応も向上したとしている。

 Microsoftは16日に次期オフィススイート「Office 2013」のカスタマープレビュー版の提供を開始しており、Office Web AppsのプレビューはOffice 2013に対応するものとみられる。Office 2013の発売時期や価格はまだ公表されていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -