ニュース
» 2012年07月30日 17時53分 UPDATE

Microsoft、「Windows 8」対応のスタイリッシュなマウスとキーボードを発表

Windows 8タブレットのスタンドにもなるカバー付きキーボード「Wedge Mobile Keyboard」は約80ドル、くさび形のコンパクトなマウス「Wedge Touch Mouse」は約70ドル。いずれもBluetoothで本体と接続する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月30日(現地時間)、10月26日に発売予定の次期OS「Windows 8」に対応するマウスとキーボードを2モデルずつ発表した。Microsoftのオンラインストアおよびその他の小売店で“間もなく”発売する。

 「Wedge Mobile Keyboard」と「Wedge Touch Mouse」は、タブレットと一緒に携帯することを想定したコンパクトなキーボードとマウス。いずれもBluetoothで本体に接続する。Wedge Mobile Keyboardは従来のファンクションキーに加え、Search、Share、Settings、DevicesといったCharmのためのキーも備える。ゴム製のキーボードカバーには磁石が入っており、カバーを外すと自動的にキーボードの電源が入り、カバーを装着すると電源が切れるようになっている。カバーを半分に折ってくさび形(wedge)にすると、タブレットスタンドになる。推定小売価格は79.95ドル。

 wedge key 1 Wedge Mobile Keyboard(とカバー)
 wedge key 2 カバーはタブレットスタンドになる

 Wedge Touch Mouseはくさび形のフォームが特徴。縦横スクロールに対応する。同社のBlueTrackテクノロジーの採用により、カフェのテーブルやフローリングの床での利用も可能という。推定小売価格は69.95ドル。

 wedge mouse Wedge Touch Mouse

 「Sculpt Mobile Keyboard」と「Sculpt Touch Mouse」は、従来のMicrosoftのキーボードとマウスの流れをくむモデル。こちらもBluetooth接続で、Windows 8に対応する。価格はいずれも49.95ドル。

 Sculpt Mobile Keyboard(左)とSculpt Touch Mouse

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -