ニュース
» 2012年08月02日 08時05分 UPDATE

Microsoft、「Visual Studio 2012」と「.NET 4.5」の正式版は9月12日と発表

「Windows 8」「Windows Server 2012」と同時に「Visual Studio 2012」と「.NET 4.5」も製造工程向けリリースになった。MSDN会員は15日からダウンロードできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月1日(現地時間)、統合開発環境(IDE)の「Visual Studio 2012(コードネーム:Visual Studio 11)」およびランタイム環境「.NET Framework 4.5」がRTM(製造工程向けリリース)になったと発表した。次期OS「Windows 8」および次期サーバOS「Windows Server 2012」も同日RTMになっている

 MSDN会員は8月15日からこれらをダウンロードできる。正式版は9月12日の公開。Microsoftは同日、特設ページでバーチャルイベントを開催する。

 visual バーチャルイベントの告知

 Visual Studio Professional、Premium、Test Professional、Ultimateを持つMSDN会員は同日、Windows 8のアプリストア「Windows Store」の開発者アカウント(1年間無料)に登録できる(関連記事)。

 また、「Windows Phone」の開発者アカウントにも間もなく登録可能になるという。Windows 8と同時期にリリース予定の「Windows Phone 8」はWindows 8とカーネルを共有しており、Visual Studio 2012ベースの開発ツールが提供される見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -