ニュース
» 2012年08月07日 11時55分 UPDATE

Microsoft、Office専用アプリストアを開店

「Office 2013」のWordやOutloook、SharePointなどをサポートするサードパーティーアプリを閲覧・ダウンロードできるアプリストア「Office Store」が開店した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月6日(現地時間)、現在カスタマープレビュー段階の「Office 2013」と統合するオンラインアプリストア「Office Store」を立ち上げたと発表した。誰でも閲覧できるが、アプリをダウンロードするにはOffice 2013のプレビュー版をインストールし、Microsoftアカウント(旧Windows Live ID)でログインしている必要がある。

 既にLinkedInやTwitter、GrouponのOutlook用プラグインや、Wordから直接ファクスを送るためのeFax(有料)など、数十本のアプリが登録されている。

 officestore 1 Office Storeのトップページ。LinkedInやTwitterアプリが登録されている

 Office 2013の「Insert」タブで「Apps for Office」を選ぶとお勧めのアプリが表示され、クリックすることで詳細を表示し、ダウンロードできる。Windows StoreWindows Phone Marketplaceで以前有料アプリを購入したことがあれば、その際に使った決済情報(クレジットカード情報など)をそのまま流用できる(有料アプリはカスタマープレビュー段階ではまだ購入できない)。

 officestore 2 Office 2013のメニューから表示するアプリ一覧

 Microsoftは、Officeユーザーは10億人以上いるため、サードパーティー開発者にとってOffice Storeにアプリを登録することは大きな収益機会になるとしている。有料アプリの場合の開発者の取り分は売上高の8割で、Windows Storeをはじめとする一般のアプリストアの7割よりも割がいい。開発者はSeller Dashboardから登録できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -