ニュース
» 2012年08月09日 09時11分 UPDATE

StarbucksとSquareが大規模提携 全米7000店舗でモバイル決済システムを採用

Twitterの共同創業者、ジャック・ドーシー氏のモバイル決済企業SquareにStarbucksが出資し、全米のコーヒーショップで「Pay with Square」を利用できるようにする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米大手コーヒーチェーンのStarbucks Coffee Companyと米モバイル決済の新興企業Squareは8月8日(現地時間)、広範な提携契約を結んだと発表した。Starbucksが全米で展開する約7000の店舗で、今秋からSquareのモバイル決済システムを利用できるようになる。

 Squareは米Twitterの共同創業者、ジャック・ドーシー氏が立ち上げたモバイル決済企業。スマートフォン(iOSおよびAndroid)アプリ「Card Case」と端末に差し込む小型のクレジットカード読み取り機で利用するクレジットカードやデビッドカードの決済システムや、カードを読み取らずに利用できるモバイル決済アプリ「Pay with Square」、小売店向けモバイル決済サービス「Square Register」を提供している。ドーシーCEOによると、Squareのユーザー(個人および企業)は現在200万以上。

 square Pay with Squareではクーポンも利用できる

 今回の提携で、Starbucksの客はPay with Squareを利用できるようになる。このアプリには、決済機能のほか最寄りの店舗を探せる機能があり、Starbucksの店舗も探せる。Starbucksには既にiPhoneおよびAndroid向けのモバイル決済アプリがあるが、当面はPay with Squareと併用できる。

 また、StarbucksがSquareのシリーズD増資で2500万ドルを出資し、Starbucksのハワード・シュルツ会長兼CEOがSquareの取締役に就任する。

 「おサイフケータイ」が普及している日本と異なり、米国ではSquareやPayPalによるモバイル決済サービスが始まったばかりだ。MasterCardのようなカード会社や米Googleも市場に参入しており、今後競争が激化するとみられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -