ニュース
» 2012年08月27日 14時59分 UPDATE

ヤフー、Twitterなど「ソーシャル防災訓練」 Twitter使って避難

ヤフーとTwitter Japan、J-WAVE、森ビルが、Twitterを使った避難訓練を行う。災害時にソーシャルメディアを効果的に使ってもらうための啓発活動の一環。

[ITmedia]
画像 公式サイトより

 ヤフーとTwitter Japan、J-WAVE、森ビルは、災害時にソーシャルメディアを効果的に使ってもらうためのイベント「第1回ソーシャル防災訓練」を、9月19日昼に東京・六本木で行う。8月27日からTwitterを通じて参加者を募っている。

 ソーシャル防災訓練は、避難訓練と防災レクチャー会の2部構成。避難訓練では、大規模地震が発生したと想定し、Twitterと、ヤフーが提供する「防災速報」を活用して情報を得たり、場所や写真を公開・取得しながら、途中のアクシデントをくぐり抜けて指定の場所まで避難する。レクチャー会では、東京の巨大ジオラマを見ながら、主催各社が防災をテーマにレクチャーする。

 「東日本大震災時、情報の取得や共有にソーシャルメディアが役立った一方で、信頼できる情報と根拠のない情報が混在し、混乱を招いた側面もあった」とし、災害時のソーシャルメディアの活用法から情報の精査の仕方まで学べるようにする。

 参加したい人は、Yahoo!天気・災害アカウント「@Yahoo_weather」をフォローした上で、所定のつぶやきを行なって応募する。定員は100人。募集要項はWebサイトで。

 4社からなる「ソーシャル防災訓練実行委員会」は、今後も継続的に訓練を行い、確度の高い情報を確実に受信・発信してもらう仕組み作りを目指すとともに、災害による混乱時の正しい情報取得方法の啓発に努めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -