ニュース
» 2012年09月04日 08時42分 UPDATE

Windows 7、世界OS市場で初のWindows XP超え──Net Applications調べ

10月26日のWindows 8発売を控え、現行OSのWindows 7が世界OS市場で初めてWindows XPを超えてトップになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftの現行OS「Windows 7」が、米分析会社Net Applicationsの8月のバージョン別世界OS市場で、「Windows XP」を抜いて初めてトップに立った。Windows 7は前月より0.55ポイント増の42.76%、Windows XPは前月より0.34ポイント減の42.52%で逆転した。

 windows 7 2012年8月のバージョン別世界OS市場シェア(資料:Net Applications)

 Windows XPは2001年10月25日に発売された。後継OSのWindows Vista(2007年発売)の評判が悪かったこともあり、いまだにこの古いOSを使い続けているユーザーが多い。

 Microsoftは2014年4月8日にWindows XPのサポートを終了すると発表しており、ユーザーに最新バージョンへの移行を促している。

 Windows XP SP3は、同社が実施している期間限定の「Windows 8」へのアップグレードキャンペーンの対象になっている。2013年1月31日までは、「Windows 8 Pro」へのオンラインアップグレード価格が39.99ドルだ。

 Windows 8は10月26日に発売される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -