ニュース
» 2012年09月06日 17時34分 UPDATE

イー・モバイルの通信障害、人的ミスとソフト不具合が原因

イー・モバイルで9月5日夜に起きた通信障害は、人的操作ミスとソフトウェア不具合が重なったのが原因という。

[ITmedia]

 イー・アクセスが展開する携帯電話サービス「イー・モバイル」で9月5日夕方から夜にかけて通信障害が起き、同社は6日、原因が人的操作ミスとソフトウェア不具合が重なったためだったと発表した。

 5日午後6時51分から午後11時34分まで約4時間半にわたり、W-CDMAの音声通信とデータ通信が利用しづらくなる障害が発生。東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、大阪府、岐阜県、愛知県、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県の12都府県の一部、約27万人に影響があった。LTEの利用者に影響はなかった。

 同社によると、保守作業時の人的操作ミスとソフトウェアの不具合が重なり、基地局無線機の状態に異常が発生、通信が不安定になったのが原因という。

 今後、保守作業方法の事前チェック体制を強化するほか、ソフトウェア不具合の改修を行う。同社は「お客さまに多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -