ニュース
» 2012年09月10日 06時00分 UPDATE

Intel、第3四半期の予測を下方修正 3年ぶりの減収に

Intelが7〜9月期の売上高予測を約8%引き下げた。企業向け市場の軟調や新興国市場での需要減速を理由としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Intelは9月7日(現地時間)、第3四半期(7〜9月)の売上高予測を、7月発表時の143億ドルプラスマイナス5億ドルから132億ドルプラスマイナス3億ドルに下方修正した。約8%の引き下げになる。企業向けPC市場の軟調や新興国市場の需要減速を理由としている。

 同社の2011年第3四半期の売上高は142億ドルだったので、前年同期比で減収になる見込みだ。四半期ベースで減収になるのは3年ぶりになる。

 米Gartnerが7月11日に発表した第2四半期の世界PC市場調査報告によると、同四半期のPC出荷台数は前年同期比0.1%減の8750万台だった。Gartnerは、Intelが提唱するUltrabookは、まだアーリーアダプターの段階だと指摘している。

 米Microsoftの次期OS「Windows 8」搭載PCが発売されるのは、10月26日以降になる。

 Intelは、10月16日に第3四半期の業績を発表する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -