ニュース
» 2012年09月11日 10時25分 UPDATE

Gmailの添付ファイルをSkyDriveに Attachments.meのプラグインが対応

メールはGmailがメインだが、クラウドストレージはSkyDriveがメイン、というユーザー向けに、添付ファイルをSkyDriveに自動保存できるプラグインが登場した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleのオンラインメールGmailの添付ファイルを自動的に米MicrosoftのクラウドストレージサービスSkyDriveに保存するためのプラグインが登場した。カナダのAttachments.meが9月10日(現地時間)、既存のプラグインをSkyDriveに対応させた。GoogleのWebブラウザChromeとMozillaのFirefox向けプラグインを、それぞれのプラグインストアからダウンロードできる。

 メールはGmailをメインに使っていて、Office文書はGoogle DocsではなくOffice Web Appsで編集したいというユーザーには便利だろう。

 Attachments.meのプラグインは、これまでGoogle Drive、Dropbox、Boxに対応していた。Attachments.meはMicrosoftが公開したSkyDriveアプリ向けAPIを利用してこのプラグインをSkyDriveにも対応させたという。

 プラグインをWebブラウザにインストールし、連係させたいクラウドサービスのアカウントと接続させると、ファイルが添付されたメールを受信した際に添付ファイルの保存先としてそのクラウドサービスを指定したり、メールに添付するファイルをクラウドサービス上から選択できるようになる。

 cloud 1 Attachments.meはSkyDriveだけでなく、Google Drive、Dropbox、Boxに対応する

 あらかじめ自動で保存するルールをカスタマイズでき、特定の相手からの添付ファイルをSkyDriveに保存するといった設定もできる。また、今回のアップデートで、Gmailの添付ファイルの検索機能も強化された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -