ニュース
» 2012年09月17日 07時31分 UPDATE

Google Apps、IE 8のサポートを11月15日に終了

Microsoftが10月26日に「Internet Explorer 10」をリリースするのにあわせ、Google AppsでのIE 8のサポートを終了する。IE 8はWindows XPにインストールできる最新のIEだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月14日(現地時間)、オンラインオフィススイート「Google Apps」での米MicrosoftのWebブラウザ「Interent Explorer(IE)8」のサポートを打ち切ると発表した。11月15日以降、IE 8からGoogle Appsのサービスを開こうとすると、ブラウザをアップデートするよう促すメッセージが表示されるようになる。

 Google Appsのすべてのエディション(Google Apps、Google Apps for Busines、Education、Government)が対象になる。

 Google Appsは、Google Chrome、IE、MozillaのFirefox、AppleのSafariをサポートしている。Googleは、ブラウザの新版がリリースされると、その2つ前の版のブラウザのサポートを打ち切ることにしており、Microsoftが10月26日に次期OS「Windows 8」をリリースする際、IE 10の正式版もリリースすることから、IE 8のサポートを終了する。

 IE 8は、Windows XPにインストールできる最新のIEだ。米分析会社Net Applicationsによる8月の世界OS市場で、Windows 7がようやくWindows XPを抜いたものの、Windows XPを使っている企業はまだ多く、今回のサポート終了の影響は大きそうだ。

 GoogleはIE 8ユーザーに対し、プラグイン「Google Chrome Frame」の採用を勧めている。このプラグインは、旧IEをHTML5ほか最新Web技術に対応させるというもので、Windows XP SP2およびWindows Vista上で稼働するIE6、7、8に対応する。このプラグインをインストールすれば、IE 8からカレンダーやGmailが利用できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -