ニュース
» 2012年09月29日 07時00分 UPDATE

AppleのクックCEO、「iOS 6」のマップについて謝罪 「地図マピオン」やGoogleマップを推奨

ユーザーからの苦情が多い「iOS 6」の地図アプリについて、Appleのティム・クックCEOがユーザーに書簡で謝罪し、改良中の代用ツールを紹介し、「極めて高い水準」に達するまで努力を続けると約束した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleのティム・クックCEOは9月28日(現地時間)、19日にリリースしたモバイルOS「iOS 6」のマップアプリについて説明するユーザー宛ての書簡を公開した。日本語版も公開されている。

 クック氏は、「お客様に最高の体験をお届けする、世界で最高レベルの製品」というAppleの基準にマップアプリが達していないことを認めて謝罪し、「マップをより良いものにするために最善を尽くしています」と書いている。

 map 新マップでは音声ガイド付きルートマップを利用できる

 そして、Appleがマップの改良に取り組んでいる間の代用ツールとして、アプリの「地図マピオン」と「地図 Yahoo!ロコ」(日本語書簡の場合)、そしてWebアプリ版の「Googleマップ」を紹介した。Googleマップはホームへのアイコン作成方法へのリンク付きの紹介になっている。英語の書簡では、アプリは米MicrosoftのBing他2本、WebアプリはGoogle MapsとNokia Mapsを推奨している。

 Googleマップから独自エンジンに切り替えた理由は、ルート案内、音声の統合、Flyover、ベクターベースの地図などの機能を搭載するには、「新しいバージョンのマップを一から作る必要」があったと説明する。AppleとGoogleの音声ガイド機能をめぐる交渉の難航がGoogle Maps離れの原因といううわさがあった。

 なお、新マップ(搭載のiOS 6)をインストールしたiOS端末数は1億台を超え、新マップでユーザーが検索した場所は1週間あまりで約5億件に上ったという。利用されるほどに機能は向上し、「フィードバックに対し、心よりお礼申し上げます」としている。

 クック氏はこの書簡を「Appleは、自分たちの製品を世界で最高のものにすることを常に目指しています。皆様がそのことをAppleに期待していることも、私たちは理解しています。私たちはマップがこの極めて高い水準に達するまで、絶えず努力を続けていきます」と締めくくった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -