ニュース
» 2012年10月09日 11時42分 UPDATE

Google、Androidタブレット向けアプリ最適化促進サイトを公開

7インチのオリジナルタブレット「Nexus 7」を販売するGoogleが、Androidアプリの大画面最適化を促進するための開発者向けチェックリストページを公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月8日(現地時間)、Androidアプリ開発者向けに、アプリをタブレットに最適化するためのチェックリスト「Tablet App Quality Checklist」を公開したと発表した。

 Google Playで公開されているアプリの多くはスマートフォンの画面サイズに最適化されており、タブレットの大画面でもスマートフォン用のユーザーインタフェースがそのまま表示されることが多い。このチェックリストでは、アプリのレイアウトが大画面向けに最適化されているか、マルチペインなどでタブレットの画面領域を生かせているか、タブレット向けに作られた高解像度のアイコンを採用しているかなどを確認でき、アプリ改良に役立つリソースも紹介している。

 tablet スマートフォン用のシングルペインのユーザーインタフェース(左)とタブレット用マルチペイン画面(右)

 また、Mint.comやInstapaperによるアプリのタブレット最適化のケーススタディーを紹介するコーナーも新設された。

 Googleが6月に発売した7インチのオリジナルブランドタブレット「Nexus 7」は日本でも9月から販売している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -