ニュース
» 2012年10月12日 14時06分 UPDATE

誕生日にはGoogleがDoodleで祝ってくれる Google+のプロフィールに生年月日を入力すれば

Google検索ページのロゴは偉人の誕生日や記念日にイラストに変わるが、これを自分の誕生日に体験できる。ただし、Googleに生年月日情報を提供する必要がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleのソーシャルサービス「Google+」のアカウントのプロフィールに生年月日を入力しておくと、誕生日にGoogle検索のトップページでお祝いしてくれる。10月11日(現地時間)にGoogleがこの機能をGoogle+の投稿で紹介した。

 birthday 1 誕生日を迎えたユーザーの当日のGoogle検索ページ

 Googleは、記念日や著名人の誕生日などを、Google検索のトップページのロゴを変える、通称「Doodle」で祝う。このDoodleで、ユーザーの誕生日も祝うようになった。

 Doodleで祝ってもらうには、Google+のアカウントのプロフィールで生年月日を入力し、Google検索にもログインしておく必要がある。

 birthday 2 Google+プロフィールの誕生日入力欄

 Google+のプロフィールでは、生年月日の入力は必須ではない。Googleは米Facebookと同様に、ユーザーのアカウント情報に基づくターゲティング広告を販売しており、生年月日の入力を促進することはターゲティング精度の向上に役立つだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -