ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2012年10月12日 18時42分 UPDATE

ユーザー同士で演奏セッションできるiPhoneアプリ「melocy」

iPhoneアプリで録音した演奏を重ね、ユーザー同士でセッションできる「melocy」が公開された。

[ITmedia]
画像

 アプリ開発などを手がけるベンチャー企業・ignote(福井県越前市)は、PC教材の制作・販売などを行うウォンツと共同でこのほど、ユーザー同士で演奏をセッションできるiPhoneアプリ「melocy」(メロシー)を公開した。

 iPhoneアプリで演奏を録音し、アップロード、公開したり、公開された演奏を聴くことができるサービス。ほかのユーザーの演奏に、自分の演奏を重ねて録音できる機能を備え、最初のユーザーがドラムを公開し、別のユーザーがギター、ボーカルなどを重ねる――といったことが可能だ。録音した楽曲は、アプリに加え、Webサイトでも公開される。

 同社は、「以前からニコニコ動画などでは『演奏してみた』カテゴリが大きな柱になっているが、その分高いクオリティが求められるようになってきていて、中級者が入りづらい雰囲気になってしまっている」と指摘。「楽器を練習中して上達を実感し、音楽が楽しくてしょうがないと思っている、この世でイチバン音楽を楽しんでいるであろう人達が、アプリとネットを通じてワイワイ騒げる場を作りたい」という思いで開発したという。

 今後は、コメント機能などでユーザー同士がコミュニケーションできるようにしたり、iPhone以外の端末向けの録音アプリの開発といったシステム面の向上に加え、プロミュージシャンに演奏を提供してもらえるよう話を進めているほか、コンテストなどのイベントを行なっていく方針だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.