ニュース
» 2012年10月19日 16時48分 UPDATE

ヤフー、カカオトーク日本法人に50%出資 サービス共同展開へ

ヤフーがカカオトークの国内運営元に出資。カカオトークをはじめとしたサービスを共同展開する。

[ITmedia]
画像 カカオトーク

 ヤフーは10月19日、スマートフォン向けメッセンジャーアプリ「KAKAO TALK」(カカオトーク)を国内で運営するカカオジャパンに資本参加したと発表した。カカオトークをはじめとしたサービスを共同展開する。

 韓国KAKAO Corporationの100%子会社だったカカオジャパンが行う第三者割当増資を引き受け、株式の50%を取得。カカオジャパンは、KAKAO Corporationとヤフーがそれぞれ50%出資する合弁企業となった。ヤフーから村上臣CMO(チーフモバイルオフィサー)が取締役(非常勤)に就任する。

 「双方の開発力・顧客基盤を組み合わせ、スマートフォンに特化したコミュニケーションサービスの市場の活性化と一層の拡大を図る」としている。

 カカオトークは、韓国語、日本語、英語など各国語に対応したメッセンジャーアプリで、世界のユーザー数は9月末時点で6500万人、日本のユーザー数は非公開。機能や使い方はLINEに似ているが、2010年から日本語サービスを開始するなどLINEよりも早いタイミングで国内展開していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -