ニュース
» 2012年10月19日 18時52分 UPDATE

ジャパンディスプレイ、スマホ向けフルHDなど最先端ディスプレイを開発

ジャパンディスプレイが統合3社の技術を結集したスマートフォン向け、タブレット向け、車載向けの最先端液晶ディスプレイを開発した。

[ITmedia]

 ジャパンディスプレイは、スマートフォン向け、タブレット向け、車載向けの最先端液晶ディスプレイを開発したと発表した。

photo

 スマートフォン向けは5インチフルHD(438ppi)の低温ポリシリコンTFT液晶パネル。新型IPSによりコントラスト比を2000:1に高めたほか、RGBW画素の採用でバックライト電力を従来比半分に減らし、さらにタッチパネル機能の内蔵、モジュール厚さ1ミリの薄型、1ミリの狭額縁といった先端スペックを実現した。同社が既に量産出荷している5インチフルHDパネルからさらにコントラスト比などを高めている。

 タブレット向けは7インチWQXGA(431ppi)、車載向けは12.2インチ1920×720ピクセルで、自由な形を可能にするコーナーラウンドカットと曲面フォルムを実現している。

 開発したパネルは、統合したソニーモバイルディスプレイ、東芝モバイルディスプレイ、日立ディスプレイズの3社の技術を結集して顧客に最新技術をアピールする「イノベーションビークル」として開発。10月31日〜11月2日に開かれる「FPD International 2012」(パシフィコ横浜)に出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -