ニュース
» 2012年10月22日 16時38分 UPDATE

ネットオフに不正アクセス カード情報1万件流出のおそれ

ネットオフのサーバに不正アクセスの痕跡があり、クレジットカード情報の一部が漏えいした可能性。最大で1万589件が流出した可能性があるという。

[ITmedia]

 中古本の買取・販売サイト「ネットオフ」を運営するネットオフは10月19日、同社のユーザー情報を保持するサーバに不正アクセスの痕跡があり、クレジットカード情報の一部が漏えいした可能性があると発表した。同日からサービスを停止している。

 流出した可能性があるのは、昨年4月1日〜今年9月4日に、ネットオフで商品を購入し、携帯電話サイト(スマートフォンからの利用を除く)でカード決済したユーザーの個人情報で、最大1万589件が流出した可能性があるという。

 同社は、判明している不正アクセス経路をすでに封鎖。携帯電話サイトのカード決済を停止し、2次被害の対策を行った。専門調査機関による調査を実施するなど、原因の究明や対策を実施しているという。

 同社は、「事態を厳粛に受け止め、全社をあげてセキュリティ対策の強化、再発防止を図る」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -