ニュース
» 2012年10月24日 11時31分 UPDATE

Google Docsアプリ、Chromeブラウザでの1クリック起動が可能に

Googleドキュメントの文書、スプレッドシート、プレゼンテーションをChrome Web Storeからダウンロードし、Chromeの「新規タブ」に並べておけるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月23日(現地時間)、オンラインオフィススイート「Google Docs(日本では「Googleドキュメント」)」の各アプリ(文書、スプレッドシート、プレゼンテーション)をChrome Web Storeから単体でダウンロードできるようにした。

 docs 1 Chrome Web Store

 ダウンロードしたアプリはWebブラウザ「Google Chrome」の「新規タブ」にアイコンとして表示され、これをクリックすることで新規ドキュメントを開ける。

 docs 2 「新規タブ」に並んだGoogle Docsアプリ

 従来は、Google Docsアプリを起動するには、クラウドストレージサービス「Google Drive」を起動して「作成」をクリックするか、既存のファイルをクリックして開く必要があった。アプリ単体をChrome Web Storeからダウンロードしておけば、従来より少し手軽に起動できる。

 また、各アプリの名称が、従来の「Documents」「Spreadsheets」「Presentations」から「Docs」「Sheets」「Slides」に変更された(日本での名称は、ヘルプなどではまだ変更されていない)。

 Chrome OS搭載のChromebookでは、数週間後に予定されている次のChrome OSのアップデートでそれぞれのアプリが単体で選択できるようになる見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -