ニュース
» 2012年10月24日 20時34分 UPDATE

J:COMがJCNと統合、正式発表 CATVシェア50%超に

CATVシェア1位のJ:COMと2位のJCNが統合へ。統合後の加入世帯数は480万となり、市場シェア51%を握る。

[岡田有花,ITmedia]

 KDDIと住友商事は10月24日、両社が出資するCATVシェア1位のジュピターテレコム(J:COM)を共同で買収し、KDDI傘下のCATV2位、ジャパンケーブルネット(JCN)と統合すると発表した。統合後の加入世帯数は480万となり、市場シェア51%を握る。

 JASDAQ上場中のJ:COM株を株式公開買い付け(TOB)で取得し、非上場化した上でJCNと統合する。J:COMにはKDDIが31.1%、住商が40.5%出資しているが、TOB後は出資比率50%ずつの折半出資とする。

 TOBは来年2月上旬ごろに開始予定。TOB価格は1株当たり11万円で、事前報道で急騰する直前の株価・8万2700円に33%のプレミアムを付けた価格だが、24日の終値は11万1200円と、TOB価格を上回っている。

画像 KDDIの高橋専務(左)と住商の大澤専務

 同日、住友商事の大澤義雄専務とKDDIの高橋誠専務が都内で会見。J:COMを非上場化し、JCNを統合することで、スピーディな経営ができ、800億円程度の共通経費を効率化ができると説明した。高橋専務は、「KDDIのマルチユース、マルチデバイス、マルチネットワークの3M戦略をさらに加速できる」と話した。

 J:COMをめぐっては、KDDIが2010年、米Liberty Globalが保有する株式を取得。住商が対抗してTOBを行い、筆頭株主になっていた経緯がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -