ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2012年10月29日 20時55分 UPDATE

KDDI、スマホ向けターゲティング広告を12月に開始 「プライバシーに配慮」

KDDIとmedibaは、年齢層や性別などユーザー属性に基づいて配信する「統計パターン推奨型広告」と、過去の広告閲覧状況に基づく「閲覧パターン推奨型広告」を12月上旬からスタートする。

[ITmedia]

 KDDIとmedibaは10月29日、スマートフォン向けターゲティング広告として、年齢層や性別などユーザー属性に基づいて配信する「統計パターン推奨型広告」と、過去の広告閲覧状況に基づく「閲覧パターン推奨型広告」を、12月上旬からスタートすると発表した。ユーザーは自分の好みに合った広告を受け取れ、広告主は、アプローチしたい顧客に的確に情報提供できるとしている。

 個人の属性や趣向を利用したターゲティング広告の運用では、ユーザーのプライバシー保護が課題となる。両社は、「第三者に顧客情報を開示することなくサービスを提供する」と説明する。

 統計パターン推奨型広告では、顧客が情報提供の可否を選べるようにするほか、閲覧パターン推奨型広告では、個人を特定できない独自IDを履歴の管理に利用し、ユーザーが簡単に履歴を削除したり、情報取得を中止できるなど、「プライバシーに配慮した仕組みを備えている」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.