ニュース
» 2012年11月05日 20時01分 UPDATE

過去30年間で最も利用された歌は「世界に一つだけの花」

JASRACによると、2011年度までの30年間で著作物使用料の分配額が最も多かった楽曲はSMAP「世界に一つだけの花」だった。

[ITmedia]

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月5日、2011年度までの30年間でCDやカラオケ、着メロなど著作物使用料の分配額が最も多かった楽曲はSMAPの「世界に一つだけの花」だったと発表した。

 「JASRAC賞」の30周年を記念して集計。「世界に1つだけの花」(2003年)は槇原敬之さんの作詞作曲(音楽出版者はジャニーズ出版)で2003年にミリオンセラーに。カラオケやネット配信でも幅広く利用されたという。

photo トップ30

 2位は五木ひろしさん・木の実ナナさんの「居酒屋」、3位は都はるみさん・宮崎雅さんの「ふたりの大阪」と定番デュエット曲が続いた。4位に「エヴァンゲリオンBGM」、14位に及川眠子さん「残酷な天使のテーゼ」、18位に「ポケットモンスターBGM」、30位に「機動戦士ZガンダムBGM」が入るなど、アニメ・ゲーム関係も。

photo ベスト10の利用別割合。エヴァンゲリオンBGMは「ビデオ」が多く占める

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -