ニュース
» 2012年11月13日 09時45分 UPDATE

Microsoft、iOS、Android版SharePointアプリを発表

Microsoftがコラボレーション製品「SharePoint」をモバイルから利用するためのアプリをWindows 8、Windows Phone、iOS、Android向けに公開すると発表した。Windows Phone 7.5以降で利用できるプレビュー版がアプリストアからダウンロード可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月13日(現地時間)、ラスベガスで開催中の「SharePoint Conference 2012」において、Windows 8、Windows Phone、米AppleのiOS、米GoogleのAndroid向けのSharePointクライアントアプリを発表した。

 Windows Phone(Windows Phone 7.5以上に対応)アプリのプレビュー版がWindows Phone Storeからダウンロード可能になっている。正式版は米ZDnetによると、2013年初頭に公開の見込みという。

 SharePoint 1 Windows Phone 版SharePoint

 Windows Phoneアプリページの説明によると、同アプリ(ラベルは「SharePoint」となっているが、説明文内では「SharePoint Newsfeed for Windows Phone」という名称になっている)では新規投稿、投稿へのコメントや「like」の追加、画像のアップローと、メンバーの検索、文書の共同編集などが可能だ。

 現在、日本でもSharePointのページから、次期SharePointのプレビュー版にサインインできる。利用するにはMicrosoftアカウントが必要だ。

 sharepoint 2 SharePoint Onlineのプレビュー版も提供開始された

 同社はまた、7月に買収を完了したYammerに関する変更についても発表した。現在4種類のプランで提供しているが、これを無料のベーシックプランとエンタープライズプランの2種類に減らす。エンタープライズプランではSharePoint Onlineも利用でき、従来月額1人当たり15ドルで提供してきた内容を実質的に月額3ドルに値下げする。

 Microsoftは将来的にはYammerとSharePointを完全に統合する計画という。統合の時期やYammerというブランド名が残るかどうかなどの詳細は明らかにしていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -