ニュース
» 2012年12月07日 19時32分 UPDATE

Twitterはハッシュタグ、Googleはパーソンファインダー 三陸沖地震で各社対応

12月7日夕方に起きた三陸沖地震で、情報共有のためにTwitterは専用ハッシュタグの利用を呼び掛け、Googleは「パーソンファインダー」の提供を始めた。

[ITmedia]

 12月7日夕方に起きた三陸沖地震で、情報共有のためにTwitterは専用ハッシュタグの利用を呼び掛け、Googleは「パーソンファインダー」の提供を始めた。

 携帯電話各社は東北地方への通信を規制しており、災害伝言板の運用を開始。LINEはトーク(メッセージ)の送受信量が2倍になったが、利用に支障が起きていないという。通信量の増大時は音声通信よりネットのほうがつながりやすい。「インターネット回線でトーク・通話が可能なので、大切な方の安否確認や緊急連絡時にもご活用ください」と呼び掛けている。

 地震関連情報のTwitter公式ハッシュタグは以下の通り。

#地震:地震一般に関する情報

#津波:津波に関する情報

#救助:救助要請 ※

#避難:避難情報

#安否:安否確認

 Twitterは地震/津波関連の情報はこれらを使って共有し、必ず内容に合うハッシュタグのみを選び、1つのツイートに入れるハッシュタグは2つ以下に心がけるよう呼び掛けている。「#救助」のツイートを見た際の手順はWebサイトにあるが、「まずは119番に電話を」としている。

 Googleのパーソンファインダーは、安否情報の登録と、その検索が可能だ。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムは災害用伝言板を開設した。ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは「災害用音声お届けサービス」も提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -