ニュース
» 2012年12月10日 15時52分 UPDATE

ARで徒歩ルートを案内するiPhoneアプリ「MapFan eye」無料公開

「かざせば、道が見える」――AR(拡張現実)機能を使い、現実の風景とルート案内を重ね合わせて徒歩ルートを案内するiPhoneアプリ「MapFan eye」が公開。

[ITmedia]
画像

 「かざせば、道が見える」――インクリメントPは12月10日、AR(拡張現実)機能を使い、現実の風景とルート案内を重ね合わせて徒歩ルートを案内するiPhoneアプリ「MapFan eye」を無料公開した。

 住所やスポット名などから目的地を設定してルート検索すると、iPhoneのカメラを通して見た実際の風景の上に歩行ルートを投影。目的地までのルートを直感的に確認できる。ルート付近にあるコンビニやファストフード店などをアイコンで表示し、目印にできる。

 「地図を読むのが苦手な人でも、どちらへ進めばよいのかどこを曲がればよいのか直感的に確認できる」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -