ニュース
» 2012年12月14日 07時26分 UPDATE

iOS向けGoogleマップアプリ、世界のApp Storeでトップ

iPhoneユーザー待望のGoogle Mapsアプリが公開され、数時間で世界各国のApp Storeのランキングでトップに立った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが12月13日に米AppleのApp Storeで公開したiOS向けGoogle Mapsが、公開15時間で世界のApp Storeの無料アプリランキングでトップになっている。

 確認したのは日本、米、英、仏、独、露、インド、韓国、中国、メキシコ、オーストラリアだけだが、いずれもトップで、評価は「4+」だ。

 maps 日本でのランキング(左)と評価

 iOS 6に搭載される地図アプリは、そのエンジンがGoogle Mapsから自社製に切り替わったが、位置表示などに多数の誤りがあるなどでユーザーに不評だ。オーストラリアのビクトリア州では「命にかかわる危険がある」として、警察当局が使用しないよう警告を出すという一件もあった(その後問題の個所は修正された)。

 iOS向けGoogle Mapsは、まだiPadには対応せず、音声検索やインドアマップなど幾つかのAndroid版にある機能がないものの、音声ガイド付きの経路検索、ストリートビュー、地域情報検索などを搭載する。

 Googleはまた、アプリ開発者向けに「Google Maps SDK for iOS」を公開した。これにより、iOSアプリにGoogle Mapsの地図機能を埋め込めるようになる。

 maps 2 Google Maps SDK for iOS

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -