ニュース
» 2013年02月04日 08時04分 UPDATE

Windows 8の世界OS市場シェアが2.26%に増加 7は減少──Net Applications調べ

Microsoftが2012年10月26日にリリースした「Windows 8」は、先代の「Windows 7」より緩やかに世界OS市場でのシェアを伸ばしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftが昨年10月にリリースした現行OS「Windows 8」が、米分析会社Net Applicationsの1月のバージョン別世界OS市場でようやく2%以上のシェアを獲得した。Windows 8のシェアは、発売1カ月後の11月は1.09%、12月は1.72%だった。Windows全体のシェアは前月からほぼ横ばいの91.71%。

 net applications 1 2013年1月のバージョン別世界OS市場シェア(資料:Net Applications)

 Windows 7は、その前のバージョンの「Windows Vista」の評判が悪かったこともあり、発売(2009年10月22日)から約2週間で4%以上のシェアを獲得している。Windows 7のシェアは昨年8月に「Windows XP」を抜き、12月には45.11%になったが、2013年1月には発売以来初めてシェアを減らし、44.48%だった。

 net applications 2 バージョン別世界OSシェア推移(資料:Net Applications)

 昨年7月発売の米Appleの最新デスクトップOS「OS X Mountain Lion」の1月のシェアは前月比0.17ポイント増の2.44%。Mac OS全体のシェアは前月からほぼ横ばいの7.08%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -