ニュース
» 2013年02月04日 17時38分 UPDATE

「eMachines」開発終了 Acerに統合

格安PCとして知られた「eMachines」が開発終了。Acerブランドに統合される。

[ITmedia]

 日本エイサーは2月4日、「eMachines」ブランド製品の開発を終了し、Acerブランドに統合すると発表した。格安PCとして日本には2002年に上陸したeMachinesだが、米Gatewayを経て2007年に台湾Acerが買収していた。

photo eMachinesのノートPC

 「経営資源を集中し成長戦略をさらに加速するため、新規製品開発の終了を決定した」と説明している。販売中・販売済み製品のサポートは今後も継続する。eMachinesのWebサイトは今年12月31日まで掲載を続けるが、来年以降は決定後告知するとしている。

 eMachinesは格安PCブランドとして2002年に日本に上陸。その後2004年にGatewayが買収して展開していたが、2007年にAcerがGatewayを買収したことでAcer傘下のブランドとしてPC販売が続けられていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -