ニュース
» 2013年02月04日 19時41分 UPDATE

サンシャイン水族館で、あなたのスマホも水族館に NFC活用

サンシャイン水族館の来館者のスマートフォン内に水槽アプリをダウンロードし、魚を泳がせたり、オリジナルの魚類図鑑を作ったりして楽しめるサービスが始まる。

[ITmedia]

 サンシャインシティとブリリアントサービスなど5社は2月4日、サンシャイン水族館(東京・池袋)の来館者のスマートフォン内に水槽アプリをダウンロードし、魚を泳がせたり、オリジナルの魚類図鑑を作ったりして楽しめるO2Oサービスを、2月7日から4月7日まで行うと発表した。

画像

 ブリリアントサービスなどが開発した水族館向けO2Oアプリ「Ikesu」を活用。来館者は、水族館に設置したNFCタグやQRコード付きポスターからアプリをインストールした上で館内を回り、水槽わきに設置された魚名板のNFCタグやQRコードから、スマートフォンに魚の情報を取り込む。

 魚の情報を集めてオリジナルの魚図鑑として楽しんだり、アプリ内の水槽で魚を泳がせたり、水槽内にさんごや岩などを配置し、画像をFacebookでシェアするといった楽しみ方が可能だ。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルも協力。3社は、「スマートフォンを便利に身近に活用できる利用シーンの提供を、今後も拡大していく」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -