ニュース
» 2013年02月05日 08時41分 UPDATE

Google ChromeとFirefox間でのビデオチャットが可能に

GoogleとMozillaが、それぞれのWebブラウザをWebRTCに対応させ、両ブラウザ(のβ版)間でのビデオチャットを可能にした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleとMozillaは2月4日(現地時間)、WebブラウザのGoogle ChromeとFirefoxで、WebRTCを介してのビデオチャットを可能にしたと発表した。Google Chromeの25βあるいはFirefox Nightly for Desktopをインストールすれば、デモサイトで試用できる。

 WebRTCは、Webブラウザでのリアルタイムコミュニケーション(RTC)を可能にすることを目的としたオープンプロジェクト。音声/ビデオチャット向けフレームワークをJavaScript APIとHTML5で構築する。プロジェクトはGoogle Chromeチームを中心に、MozillaとOperaが推進している。

 WebRTCの機能がWebブラウザ側に備わったため、開発者はサードパーティー製のプラグインを使わずにChromeとFirefoxでビデオチャットが可能なWebアプリを構築できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -